四つん這い出産の良いところ

2019年11月15日

さくらバースのお産は、ほとんどが四つん這いでの出産となります。
もうすぐで出産というところで、四つん這いとなってもらいます。それまでは、自由です!ママの気の向くままに過ごしてもらっています。寝ていたければ眠ってますし、動きたければ歩いたり、しこ踏みしたり、舟こぎ体操したり…バランスボールでゆーらゆーらと過ごしたり、赤ちゃんの声とママの身体の声を聴きながら過ごします。

いざ出産となるとき、四つん這いになってもらいます。子宮のスペースは広がり赤ちゃんのストレスは軽減されます。尾てい骨の形が自然と重力によって赤ちゃんの頭を下げてくれます。会陰は真下を向くので、赤ちゃんの頭の圧が均等に会陰に向かうので、会陰が切れにくくなります。
四つん這いの姿勢で、ママは(頭を下にして)自分のおまたの方を見ると(両太もものトンネルを覗いてみると)、生まれたばかりの赤ちゃんのお顔の正面からご対面できます!
よくわかる説明が聞きたい方は、ぜひ一度見学にいらしてください。お電話お待ちしていますね。

スタッフBlog

よくある質問

さくらんぼうの会

オススメBOOK

Facebook